2005年09月28日

ヤンキース

Sponsored Links
amazon.co.jp
amazon.co.jp
49番 ロン・ギドリー (Ron Guidry) キャプテン ヤンキースにおけるチームキャプテンは名誉職である。  ロジャー・ペキンポー、1914年から192


ヤンキース


ニューヨーク・ヤンキース (New York YANKEES)はアメリカ合衆国メジャーリーグ・アメリカンリーグ所属の球団。ニューヨークのブロンクスに本拠地を置く。世界のホームラン王として知られるベーブ・ルースが所属したチームで、本拠地であるヤンキースタジアムはルースの作った庭と言われていた。日本においては、2003年にプロ野球球団・読売ジャイアンツから日本を代表する強打者の松井秀喜選手が移籍し話題になった。ヤンキースは39回ワールドシリーズに出場し、26回の優勝を飾っている。この数字は各球団中、圧倒的なものであり、セントルイス・カージナルス及びオークランド・アスレチックスを見ても、それぞれワールドシリーズで9回の優勝しかしておらず、これに続くのは、ワールドシリーズ15回出場のサンフランシスコ・ジャイアンツである。北米地区のメジャースポーツの中で、ヤンキースと並ぶ成功を収めたといえるのは、スタンレーカップ選手権で24回優勝したNHLのモントリオール・カナディアンズくらいのものである。*創立:1901年にメリーランド州ボルチモア (メリーランド宗 #)|ボルチモア市を拠点としてアメリカンリーグに加盟。1903年のシーズン前にニューヨークに移転。
*旧球団名:ボルチモア・オリオールズ(1901年-1902年)。ニューヨーク・ハイランダーズ(1903年-1910年)。 その後数年間、ヤンキースとハイランダーズの双方が使用された。
*ホーム球場:ニューヨーク市ブロンクス地区のヤンキー・スタジアム
*ユニフォームの色:白若しくはグレーに濃紺(ホーム用には、特徴的なピンストライプが入る。)
*ロゴ・マーク:NとYとの組み合わせ
*球団歌:"Here Come the Yankees" (1967年)、作曲はボブ・バンディン及びルー・ストールマン
*ワールドシリーズ優勝:26回、1923年、1927年、1928年、1932年、1936年、1937年、1938年、1939年、1941年、1943年、1947年、1949年、1950年、1951年、1952年、1953年、1956年、1957年、1961年、1962年、1977年、1978年、1996年、1998年、1999年、2000年。
*アメリカンリーグ優勝:39回 、1921年、1922年、1923年、1926年、1927年、1928年、1932年、1936年、1937年、1938年、1939年、1941年、1942年、1943年、1947年、1949年、1950年、1951年、1952年、1953年、1955年、1956年、1957年、1958年、1960年、1961年、1962年、1963年、1964年、1976年、1977年、1978年、1981年、1996年、1998年、1999年、2000年、2001年、2003年。
*アメリカンリーグ東部地区優勝 :14回、 1976年、1977年、1978年、1980年、1981年、1994年、1996年、1998年、1999年、2000年、2001年、2002年、2003年、2004年。
*アメリカンリーグ ワイルドカード:2回、1995年、1997年。

球団の歴史


球団発足


1900年のシーズン終了後、アメリカンリーグが再び組織され、会長のバン・ジョンソンを中心として同リーグを新たなメジャーリーグ
とする旨の宣言がなされた。従来はマイナー・リーグであった(1899年まではウエスタンリーグと呼ばれた)アメリカンリーグは、既存の5地区に加えて、東海岸の3地区を加えた。新加入地区の一つ、メリーランド州ボルチモアは、契約の前年にナショナルリーグのチームを失っていた。ジョンソン会長及びリーグは、ニューヨークにチームを置くことを意図していたが、彼らの働きかけは、ナショナルリーグはニューヨーク・ジャイアンツのオーナーがタマニー・ホール(注:民主党の派閥組織)とのコネを持っていたことから、政治的妨害の憂き目にあった。ヤンキースのルーツは、1901年にジョン・マグロウが率いたボルチモア・オリオールズにある。リーグ会長のバン・ジョンソンはフィールド上のラフプレーに対して厳格なルールを押し付けたのであるが、マグロウはこの会長と不仲であったため、1902年のシーズン半ばにサンフランシスコ・ジャイアンツの監督となり、リーグを鞍替えした。その一週間後に、ジャイアンツのオーナーは、オリオールズの支配権を取得し、選手本位の球団経営に道をつけ、しかる後にリーグはチームの脱退と管諭 }2<$KCV$+$l$k;]$r@k8@$9$k$H$H$b$K!"Mh$k$Y$-;~$K$O%K%e!<%h!<%/$X$N%U%i%s%A%c%$%:0\E>$r9T$&0U;V$rL@3N$K$7$?!#1903年には、アメリカンリーグとナショナルリーグは「平和会議」を開催し、選手との契約を巡る紛争を調停し、将来の協調を約した。ナショナルリーグは、ジュニアサーキットに限り、ニューヨークにフランチャイズを置くことにも同意した。アメリカンリーグのボルチモアのフランチャイズは、新オーナーにフランク・ファーレルとウイリアム・デヴァリが就任してから、ジャイアンツの妨害のない地域に球場設置場所が見つかりニューヨークへと移転した。ファーレルとデヴァリは、双方とも市政とギャンブルに深い関係を持っていた。ファーレルは、カジノや複数の賭博場を所有しており、また、デヴァリはニューヨーク市警の露骨な悪徳署長との付き合ったり、1902年に開設された同署を辞職させらたりといった具合であった。

ハイランダーズ


ニューヨークにおける最初の本拠地球場は、マンハッタン島の最高地点に程近くの165番通り ブロードウェイに置かれた。これにちなんで、チームはニューヨーク・ハイランダーズと呼称された。ハイランダーズとしては、短期間ではあったが成功を収め、アメリカンリーグの第2位を1904年と1910年の2回とったが、その後の15年間は、最下位に甘んじた。1913年から1922年までチームはナショナルリーグのライバルであるジャイアンツの本拠地「ポロ・グラウンズ」で試合を行った。1913年の球場移転に伴って、チーム名は、非公式ながらその数年間で使用頻度が高まっていたニューヨーク・ヤンキースへと正式に変更された。1910年代半ばに、オーナーであるファーレルとデヴァリは、不仲となっており、加えて両者とも資金不足に陥っていた。1915年初頭に、球団はジェイコブ・ルパート大佐とティリンゴースト・ヒューストン司令官に売却された。ルパートはルパート醸造所の財産の相続人で、タマリーホールとも予てから関係があり、8年間連邦議員を務めた。ルパートは、後に「45万ドルで  ":]N)$C$?:MG=$r;}$DA*2A$b$5$l$F$$$J$$!"$*$^$1$K<+A0$N5e>l$9$i$J$$8I;y$N5eCD$rGc$C$?$h!#!W$H=R2{$7$F$$$k!#

第1期黄金時代


買収後の数年間に渡って、新オーナーは選手の報酬総額を高くしていった。後にチームの成功に貢献することとなる新規獲得選手はボストン・レッドソックス出身であった。ボストンのオーナーは、劇場興行主のハリー・フレイジーであり、チームをローンで購入し、支払に窮しており、さらにはブロードウェイのショーの制作まで行っていた。1919年から1922年まで、ヤンキースはレッドソックスから、投手ではワイト・ホイト、カール・メイズ、アーブ・ぺノック、捕手のウォリー・シャン、遊撃手のエヴァレット・スコット、三塁手のジョー・ドュガンを獲得した。しかしながら、最大の獲得選手は、1920年1月に入団し、投手から野手に転じたベーブ・ルースである。彼の獲得費用は、12万5千ドルの金銭とレッドソックスのフェンリー球場が抵当に付された借金の30万ドルであった。この時期におけるその他の重要な新加入者は、ミラー・ハギンス監督と、GMのエド・バローである。ハギンス監督は、1919年に、ヒューストンがヨーロッパに出征中にルパートによって雇われた。(これをきっかけとして、両オーナーの間の溝が� ?<$^$j!"7k6I1923年にルパートはヒューストンの持分を買い取ることとなる。)

バローは、1920年のシーズン終了後GMに就任した。彼はレッドソックスからヤンキースに入団した選手同様に、1918年からレッドソックスの球団で働いていた。バローは、GM兼球団代表をその後25年間勤め、その期間のチームの成功に貢献した。とりわけヤンキースのファーム制度の整備に大きく寄与したことが特筆される。ルースによって放たれたホームランにより野球人気が大衆の間にも浸透し、おまけにヤンキースは地主のジャイアンツのファンをも引き付け始めた。1921年に、ヤンキースは1922年のシーズン終了後、当時間借りしていたポロ・グラウンズからの移転を勧められた。1923年に、ヤンキースはブロンクス161番 リバー通りの新球場に本拠地を移転させた。それがヤンキースタジアムである。当時としては最先端のセメント工法で建てられた、史上初の3階建て球場で、収容人員は驚異の5万8千人であった。まさに、「ルースが建てた建物」と呼ばれるのにふさわしい威容である。 1921年から1928年まで、ヤンキースは第1期黄金時代を迎え、アメリカンリーグで6� 2sM%>!$7!"%o!<%k%I%7%j!<%:$G$O3回優勝した。1921年から1923年を通じて、ワールドシリーズでジャイアンツと合いまみえ、最初は2度とも敗れたが、1923年には雪辱を果たした。1927年のチームは、余りにも豪華メンバーで、「殺人打線」(Murderer's law)として知られ、しばしば野球史上最強のチームに挙げられることもある。(最も、1939年や1998年のメンバーについても強力なため、同様に史上最強と呼ばれることもある。)。1927年のルースのシーズン本塁打60本は、アメリカンリーグの他の全チームのトータル本数を上回り、その後34年間に渡って最高記録であった。また、ルー・ゲーリッグ一塁手は、彼にとって最初のビッグシーズンに47本塁打を記録した。

マッカーシー時代


ジョー・マッカーシー監督のもと、1930年代のポスト-ルース時代に、ヤンキースは1936年から1939年まで、ゲーリッグやジョー・ディマジオ、ビル・ディッキー、レフティ・ゴメス、レッド・ラフィングらの新しいスター選手の活躍により、ワールドシリーズ4連覇を達成した。

1950年代


1950年代、ケイシー・ステンゲル監督のもとでは、マッカーシー時代のチームを凌駕する成績を収めた。ステンゲル監督は、就任後5年間、すなわち1949年から1953年を通じて強力打線でワールドシリーズ5連覇を達成した。同監督は、通算12年間でリーグ優勝10度、ワールドシリーズ優勝7度の成績であった。主力選手は、捕手のヨギ・ベラ、外野手のミッキー・マントル、投手のホワイティ・フォードであったが、マッカーシー時代の有名選手を取り揃えたチームとは異なって、1950年代のヤンキースの成功はステンゲル監督の十人並みの選手の能力を最大限に引き出す巧みな選手起用法に負うところが大きかった。 1964年のシーズン終了後、CBSが、ダン・トッピングとデル・ウェッブから1120万ドルでヤンキースを買収した。トッピングとウェッブは20年間に渡り球団のオーナーであったが、ワールドシリーズ出場を逸したのはたった5度であり、同シリーズでは10勝5敗の成績を残している。

再び栄光を


1970年代には、ビリー・マーチン監督の時に、ジョージ・スタインブレナーらが1973年1月3日にCBSから1,000万ドルで球団を買収し、ヤンキースタジアムを改装し、マーチン監督の解雇と雇用を何度を繰り返し、スター選手のレジー・ジャクソンとの反目があり、1970年代の後半のヤンキースは、一進一退を演じた。レジー・ジャクソンの放った1977年のワールドシリーズでの一試合3本塁打は、マーチン監督とスタインブレナーオーナーの確執と同程度に、当時の時代を特徴付けるものであった。

名門復活


ヤンキースは、1990年代にはいると最下位争いをするチームに成り下がり、フリーエージェント権を行使した選手に大金を投じるものの、結果ははかばかしいものではなかった。1981年以降、ワールドシリーズ出場から遠ざかった。1990年に、ヤンキースの投手、アンディ・ホーキンスは史上初の、打者との対戦をしないで敗戦投手となった。これは、3人を歩かせたのち中堅手がランナーを置いてエラーをしたもので、塁上の3人並びにセンターに打った打者も生還した。1980年代及び1990年代初頭の不運は、オーナーのスタインブレナーが停職し、上層部からの妨害なしに首尾一貫した監督采配ができるようになると、改善され始めた。GMのジーン・マイケル(後にボブ・ワトソン)とバック・ショウォルター監督のもと、ヤンキースは才能を買うことから、ファームで才能を育てることにチーム編成方針を変更した。1994年にはその効果が現れ、選手のストライキで期間短縮されたシーズンで、ヤンキースはアメリカンリーグ最高の成績を収めた。その1年後、ワイルドカードによるプレイオフを勝ちあがったが、シアトル・ァ ^%j%J!<%:$H$N5-21$K$N$3$kBP@o8e$KGTKL$7$?!#%7%g%&%o%k%?!<4FFD$O1995年のシーズン後、オーナーやコーチ陣との確執から退団し、ジョー・トーリ監督に交代した。トーリはそれまでニューヨーク?メッツ、アトランタ?ブレーブスなど三つのチームで計十五年間監督を務めながら、一度もプレーオフにすら出場したことがないということもあり、当初は時代遅れの人選であるとの嘲笑を受けた(あるタブロイド紙には「無知なジョー」との見出しが踊ったこともある。)が、トーリ監督の落ち着き払った手腕により、1996年にはワールドシリーズに進出し、アトランタ・ブレーブスを第6戦で下してヤンキースを優勝に導いた。ボブ・ワトソンGMは、1997年にワールドシリーズの連続出場を逃すと退任し、ブライアン・キャッシュマンがGMに就任した。しかしながら、トーレ監督とキャッシュマンGM体制は、基本的には、前任者のマイケル、ワトソン及びショウォルターらの築いてきた基礎によって勝利を獲得したものであり、中でも、デレク・ジーター、アンディ・ぺティット、ホルへ・ポサダ、マリアーノ・リベラやバーニー・ウイ� %j%"%`%9$i$N@.D9$KIi$&$H$3$m$,Bg$-$+$C$?!#%d%s%-!<%9$O:b@/LL$G! $NM-Mx$5 $r@8$+$7$FB>$N%A!<%`$r;12<$K<}$a!"1990年代に何度も大規模な選手補強を敢行して、ポール・オニール、デイヴィッド・コーン、ティノ・マルティネス、デイヴィット・ウェルズ、ウェイド?ボッグスやロジャー・クレメンスらを獲得した。1998年から2000年の間、1970年代初頭のオークランド・アスレチックス以来のワールドシリーズ3連勝を達成した。1998年と1999年には、それぞれ、サンディエゴ・パドレスとアトランタ?ブレーブスを下し、記念すべき2000年には、ヤンキースは、同じ市にあるニューヨーク・メッツと1956年以来となる「サブウェイ・シリーズ」で対戦し、4勝1敗でこれを下した。

新世紀


2001年9月11日の世界貿易センタービルのテロ事件の傷跡癒えない2001年10月、東地区でヤンキースはオークランド・アスレチックスを3勝2敗で下し、リーグ優勝決定戦ではシアトル・マリナーズを4勝1敗で破ったが、ワールドシリーズの対アリゾナ・ダイアモンドバックス第7戦の9回裏に敗北を喫した。2003年10月、ヤンキースは宿敵ボストン・レッドソックスをリーグ優勝決定戦の第7戦で辛うじて下した。乱闘スレスレの第3戦、そして退場劇が注目を集め、最終第7戦の11回裏にアーロン・ブーンの本塁打により幕を閉じた。2001年のワールドシリーズ敗退により、1990年代ヤンキースの栄華は終わり、主軸選手の引退やトレードが相継いだ。2002年のプレーオフにはアナハイム・エンジェルスによってヤンキースは早々に敗退したことで、球団の運営方針は急速に変わり、フリーエージェントや大型トレードが行われ始め、この傾向は2003年のワールドシリーズ終了後も続いて、ゲイリー?シェフィールド、ケニー?ロフトン両外野手、ケヴィン� ?ブラウン、ハビエル?バスケス両投手らを獲得、2004年2月にはアルフォンソ?ソリアーノらとのトレードでアレックス・ロドリゲスを獲得し、頂点に達した。他のどのチームよりもはるかに年俸が高いが、ヤンキースは9年連続でプレーオフ進出を果たしたものの、ワールドシリーズでは5度も優勝を逃している。

Wikipediaより引用 - Article - History - License:GFDL




MLB NY ヤンキース Tシャツ (B525)
価格: 4095 円 (税込)
ストリートで人気の、MLBNYヤンキースTシャツ!!

MLB NEW YORK ヤンキース Tシャツ (B523)
価格: 4095 円 (税込)
ストリートで人気の、MLBNEWYORKヤンキースTシャツ!!

MLB ヤンキース Tシャツ (B521)
価格: 4095 円 (税込)
ストリートで人気の、MLBヤンキースTシャツ!!

MLB NY ヤンキース ワンポイント デニム ハンチング (D1060)
価格: 4095 円 (税込)
ストリートで人気のレディース、MLBNYヤンキース ワンポイント デニム ハンチング!!

MLB NY ヤンキース ワンポイント サーモ ハンチング (D1058)
価格: 6195 円 (税込)
ストリートで人気のレディース、MLBNYヤンキース ワンポイント サーモ ハンチング!!



amazon.co.jp

The Journey Within
・歌心に本業も副業もない
・なごめます
くたばれ!ヤンキース-ダース・スタインブレナーとピンストライプの悪魔たち


Pre emptive strike
・久しぶりのアルバム!
・久しぶりの音源


NYヤンキース日記DAY1 <スパイス入れた?>
グレートスタート!11-3でヤンキース見事勝利♪ レッドソックスに0.5差です まぁ、ランディ・ジョンソンで負けたらやばいもんね この最近の彼は安定感抜群なのであまり心配していなかった この調子でレッドソックス戦も頼むぞ〜 HIDEKIは3-1、チームは2ケタ得点だけど打点は0か
「何て言った?-スポーツ <カフェバー・ハーフタイム>
その判断を支持する」楽天・三木谷オーナー 「感謝」・・・・・・・・ヤンキース観客動員でリーグ新記録 「球団を買ったときには、100万人集めるのにも四苦八苦 だった。このチームには素晴らしいファンがいる」 ヤンキース・スタインブレナーオーナー 「奮起」・・・・・・・・父親がいなくても優勝し
るセンター前ヒット、ヤンキース快勝 <山田雅人のブログ「背番号31>
でセンター前ヒットで出塁、そのあと一気に攻めて6点を先行、さらに5点の追加点を取り、ヤンキースは11ー0で快勝した。レッドソックスが試合が中止のため、ヤンキースが0・5ゲーム差で再び首位に立った。松井秀喜は第1打席では、二死1
嫌いだけど好き <あ,こんな日記>
。自分で思うに全くメリハリの無い生活です。朝はヤンキース。昼はカフェ。夕方に研究室に行き。そんな生活が嫌いじゃありません。メリハリのある生活にしたいとは思っていますが、朝一番で連日放送されるヤンキースの試合を見ると、その心意気は徐々に薄れて
やきもき・・・・イライラ・・・・ <ヤンキース・松井君観察日記>
思います。今後絶対に今シーズンは使わない方がいいです。去年の終盤のバスケスと同じ感じです。決め球が無いから、見てて打たれるのがわかります。多分、ヤンキースのような勝って当たり前のチームに来て、ピッチング自体が小さくなっているんだと
[スポーツ] ヤンキース、松井秀 <newsic>
米大リーグ・ヤンキースの松井秀は26日(日本時間27日)、ボルティモアでのオリオールズ戦に5番・左翼手で先発出場、先頭打者で迎えた4回の第2打席で中前安打を放って攻撃の口火を切った。チームはロドリゲスの適時打やジオンビーの3点本塁打などで、
グダグダ・・・・・でもみんな負け <ヤンキース・松井君観察日記>
負けちゃいました。一番情けない試合をしたのはヤンキースでしたけど。でもどんな負け方しても、1敗は1敗ですね。ヤンキースは救われたとしか言いようがありません。それにしても、情けないヤンキース投手陣です。解説の武田氏にもボロカス言われ
松井の「大貧民」仲間 <文春、くしゅん!>
飛行機での移動中、以前からヤンキースの面々はカードゲームをさかんにしていたそうだ。たぶんポーカーのようなものだろう。そんな中で松井が広岡勲広報とロヘリオ・カーロン通訳の三人で熱中しているのが「大貧民」。そこへとうとうヤンキースの選手も加わった。
[mlb]オリオールズ×ヤンキース <紅桜日記>
あーもう!ムースだめだめ!シェフのグランドスラムで逆転したのに、中継ぎだめだめ!4点差を逆転したのに6点差つけられてるって、どういうこと!?2点詰め寄ったら、また離されて8点差!!最終的に9-17で負け。一人で6RBIのシェフィールド報わ
特に無し <岩手競馬情報館Weblog>
今日の天気:快晴今日の更新:無し今日の収穫:無し今日の運動:無し今日のアルコール:若紫ノ君→鍛高譚今日の指数1:-4.0今日の指数2:-6.0今日の指数3:今日のヤンキース:○(ゲーム差0.5)特に無し


posted by havecur382 at 14:07| Comment(33) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。